きらきらEvery(仮)

書き留めたいことを書く

機動戦士ガンダムNT

f:id:unino:20181216222938j:plain

機動戦士ガンダムNTの舞台挨拶付き上映@ユナイテッドシネマ キャナルシティに参加しました。ガンダムNTは当初そんなに興味なくて、ふ~んと思っていたら主人公の声優さんが榎木さんと発表されておっ、と思ったところにあのがんじがらめキービジュ(ナラティブ組体操)がきたので「見に行くわ」となりました。あのキービジュは強い。

まあそんなゆるい感じで決めたんですが、私は宇宙世紀ガンダムをほとんど履修してないんですよね。全話完走してるのがターンAガンダムガンダムSEEDGのレコンギスタ、あとはSEED DESTINYとか鉄血とかWとかをちょろちょろ見てるだけで、肝心の宇宙世紀ものはオタク特有の「見たことはないけどなんかキャラは知ってる」程の知識しか持ち合わせず。まあ単品で見てもそれなりにはわかるだろうと思ったんですが、UCの直接的な続編と聞いて、じゃあUCくらいは見ておくかな、と、1日かけてUC(dアニで配信していてたRe:0096のほう)を見ました。舞台挨拶ついてなかったら、NT見てから気になったら遡るか…くらいのモチベーションだったと思うのですが、結果的に見ておいて良かった。

タイトルに「NT」と書いてるのにもかかわらず、UCとごった煮の感想になるんですが、UC・NTを見て感じたのは「ガンダムってもっとメカニカルな話だと思ってたけど宗教じゃん」ってことだったのですが、どうやらUC(ひいては続編のNT)自体が福井晴敏氏によるニュータイプ論を描いていると知り納得。福井晴敏氏は強いオタクだから、ふわっとした『ニュータイプ』という概念に、自身なりの解釈とアンサーを印したかったのかなと。わかる~…オタクが行間を読むやつですね。行間を読み、かつ破綻ない理論を自身で組み上げて、誰よりも自分自身を納得させるだ。薄い本を書いてるとよくあるやつだ。

NTは幼馴染設定が大好きなので好みでした。UCは長編ということもあり、各勢力の政治的駆け引きなども多数描写されますが、NTはもっとシンプルな作りなので、人間関係に焦点を当てて見ていれば素直に見られるかな。ミシェルが好きです。90分という短い尺で、ヨナ・ミシェル・リタの関係がきっちり描かれていてよかった。ミシェルが好きです…。あとブリックのこと好きじゃない女子なんていないでしょ多分…

ミシェルとブリックについては、お互いが何らかの秘密を共有しているのでは?という話が舞台挨拶でもありました。恋愛関係ではないけれど、確かに想い合う気持ちはあるんだろうな。ブリック視点のスピンオフとか読んでみたいですね。という話を同行した友人とした。あと、舞台挨拶の話題的には敵役のゾルタンが人気でした。いいキャラだからしょうがないですね。アイネ・クライネ・ナハトムジーク

私が好きなシーンは回想シーンで、ミシェルが自分がルオ商会へ行く、と伝えるところです。その一連のシーン、多くは語られないけど、ミシェルの2人への思いに溢れていると思うので。

しかしジオン、ネオ・ジオンとか、コロニー落としとかがよくわからんので(なんとなくはわかるけど)やっぱり他作品も見ておいたほうが良いなあと痛感しました。とりあえず劇場版で初代~ZZ+逆シャア見ておけば良いかな。でも私が好きなのはターンAガンダムなので、好みかどうかはわからない…でも逆シャアは作画がすごそうだから楽しみ。

ぼくが見る同人活動の世界。

ここ数日、Twitter上で増田の「神がジャンル移動した話」がバズったり、それに関連して「人間がジャンルをあがる、最後の遠吠え」というエントリが投稿されたりまたバズったりしている。

anond.hatelabo.jp

anond.hatelabo.jp

今北産業で説明すると、創作活動におけるモチベーションには受け手(読者)からのレスポンスが多大に影響するし、悪意の感想は書き手を殺すという話だ。(だいぶ雑に説明した)Twitterではだいたい、1クールに1回くらいの頻度でこんな内容のツイートなりエントリなりがバズる。

---

ここからはただの私の話になる。私も同人活動をしている。今はわりと大きなジャンル(東京開催のオンリーだと800spくらい集まる)にいるけど、その中ではどマイナー寄りのカプで活動している。マイナーカプだからというのも理由の1つにはあると思うが、それ以前に私に画力がなく、漫画の構成力もないので、めちゃくちゃど底辺ドピコ弱小サークルである。なのでお友達や相互フォロワーさん以外からの感想をいただける機会はほぼない。(※お友達やフォロワーさんからの感想めちゃくちゃ嬉しいです!頑張ってなんとか感想言ってくれてるのかな…ってネガ思考になるときもたまにあるけど)全然知らない方から感想頂いたの何年前かな~…。イベントに参加すれば毎回赤字必須(そもそも完売しても印刷費用回収できない頒布価格 なぜなら小数部だから)、特に感想は頂けず、締切は辛い。

でも本を作るのが好きなんですよね。ネームも下書きもペン入れも仕上げも苦手だけど出来上がった本を見るのが好き。下手でぺらぺらの本だけど、この世に1冊推しカプの本を増やせたという満足感もある。なので多分、しばらくこの趣味は続けると思います。

---

と、ここで締めたらいい話っぽくはなるのだが、そう思えるのは私があくまでも底辺ドピコ弱小サークルだからなんだろう。貧乏人が金持ちのゴージャスな生活を横目に「地の足のついた素朴な生活も素敵だな。道端の名もなき花も綺麗に咲いているよ」って前向きに行きていくのと一緒だ。

もし私に画力があって構成力があって一定部数を捌けるだけのファンがついていたら、見える景色はぜんぜん違うんだろうな。◯◯さんより画力は高いはずなのになぜあっちは壁でこっちはお誕生日席なんだよ!とか、部数が出ないのは推しカプがマイナーなだけでメジャーカプ描けばあのサークルより売れる!とか、そういうギスギスした感情も増えていくんだろう。読者が増えれば「あでゅさんの描く▲▲は解釈違いも甚だしいんですが?きちんと原作を読んでますか??」という匿名ディスを受けたり、5chのヲチスレに書き込まれたりして疑心暗鬼に陥ったりするんだろうなあ。

そういう世界も見れるものなら見てみたい。まあ見たら今の感覚には戻れなくなるんだろうけど……。

---

書き手は感想がなければ死んでしまいます系のバズりを見るたびに思っていたことをとりあえず吐き出してみた。私は感想があれば嬉しいけど、なくてもとりあえず楽しくやっていく。まあもらえるものはもらいたいけど…。

私のど底辺ぷりについては、数イベント続けて頒布数ゼロなどという輝かしい過去もあるので、それについてはまた別の機会に書きます!

---

追記。読み返したら現ジャンルのカプをディスってるように見えてしまったので自己弁護。あとわりとメジャーカプでやってたときも相も変わらずど底辺だったので関係ないです!

少年ハリウッドとかいうびっくり箱なコンテンツ

人生で一番楽しかった7月は2018年だったと、多分死ぬ間際にでも言えると思います。アイドリッシュセブンの1stライブがどんだけ素晴らしかったか書きたくもありましたが、筆舌に尽くしがたいという言葉通り、私には語る言葉がありません。あとオタク特有のプリズム過剰摂取による記憶喪失に陥ってるため、円盤が出るまで仔細思い出せません。

アイドリッシュセブンもサプライズが大好きなコンテンツではあるのですが(そして突然の発表にファンは死ぬ)それでもまだ規定路線というか、おおかた予想していた展開をパワーアップさせた発表なので理解できます。それに比べて少年ハリウッドとかいうコンテンツ。全く予想外の方向から剛速球をぶつけてくるので、理解がなかなか追いつきません。この7月にも2つの大きな発表がありました。

1. スマートフォンアプリゲーム「海上ハリウッド」の発表

 

 2018年、数々のアプリゲームに幕が引かれました。大きなゲーム会社や、大手音楽会社が関わっている大作もあり…。アプリゲームの寿命は3年ともよく言われます。そんな最中にあって、突然発表された少年ハリウッド…正確には「海上ハリウッド」のアプリゲーム化。一番少ハリ民が「は?」って反応でしたよね。私も「少ハリがスクフェスみたいに音ゲー化したら楽しいだろうな~」など、脳内で妄想することはありましたが、まさか本当にアプリゲーム化されるだなんて誰一人思ってなかったと思います。アプリゲーム化への拒否感や不安、または喜びなどという感情よりも先に訪れるのは困惑です。私のTLは「は?」って反応でした。本当に全く予想しなかった展開です。

そもそも少ハリ民以外に訴求力があるのか? まず「早水海馬(はやみず しーま)」って誰やねん!と思…思わないか、だってみんな知らないですもんね…。簡単に説明すると、アニメの「少年ハリウッド」(新生)は2代目のグループで、15年前に惜しまれつつ解散した「少年ハリウッド」(初代)がいます。海馬さんはその初代最年少メンバーで、最後まで解散を惜しんでいたのも海馬さんでした。アニメ2期にも登場しています。そんな彼がプロデュースする「海上ハリウッド」、それがアプリゲーム「海上ハリウッド」なのです! と、書いてる私も理解できていません。アニメで見せてもらった活動記録より数年後の世界のようですが…橋口いくよ先生のブログによると、少年ハリウッドのメンバーも登場したりするそうです。本当に謎なこのアプリゲーム、2018年秋リリース予定!(早い)事前登録受付中!(Twitterアカウントをフォローするだけですが現在666人!)

2. 少年ハリウッド in ほとんどHOLLYWOOD

 

 お恥ずかしながらアメリカの地理を全く理解していなかったのですが、ロサンゼルスで開かれるというこのアニメ映画祭、会場はほとんどハリウッド!(ハリウッドはロサンゼルス市にあるらしいです。ほえ~!)「君の名は」「夜は短し歩けよ乙女」「中二病でも恋がしたい!」などというアニオタならタイトルを聞くだけでひれ伏す作品群の中に輝く「少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR YOU- 完全版」の文字。しかも12月の池袋上映よりも前のイベントということで「ワールドプレミア上映」などという立派な冠がついております! 一体どんな方たちが少年ハリウッドの上映を決めてくださったのかはわかりませんが、本当にありがとう! 素直に喜びつつ考えたのですが

  • クラウドファンディングで制作されたという珍しさ
  • CG隆盛の時代に手描きで3万枚のアニメーション
  • 1時間という上映枠確保のしやすさ
  • ひいては前年「KING OF PRISM」で応援上映をした実績

などが選考の理由なのかな?と思いました。

そしてロサンゼルス映画祭でも、少ハリ民にはおなじみのクラウドファンディング実施中です!(こちらはMakuakeさんではなくCAMPFIREですが)私も微力ながら支援したいと思います。月が明けたらカード切るから…!

camp-fire.jp

そんなこんなで目が離せないアイドル・少年ハリウッドのことを今からでも知りませんか? いつでもウェルカムお待ちしています! ちなみに富山の黒部藩さんや佐賀のいろは島、ゲームセンターやコインパーキングなどともコラボ予定!何いってんだコイツ?と思われた方はぜひとも「少年ハリウッド」で検索検索ゥ!

 

追記

7月にはもう一つ、少年ハリウッドプロジェクトにとって大きなことがありました。それについては語るべき人が語ってくれていると思いますので、ありがとう!とだけお伝えします。

 

コードギアス 反逆のルルーシュⅢ皇道

コードギアス劇場版3部作が完結した。結局、Ⅰ興道を2回(記憶喪失だけどもしかしたら3回行ってるかも)、Ⅱ叛道を1回、皇道を2回鑑賞した。どれもコードギアスという作品の、10年経っても色あせない面白さを再確認できたものだったけど、その中でもⅢ皇道が一番映像快楽が多量で好きです。逆に1回しか見ていない叛道はみちみちに詰め込みすぎて、パッチワークのような印象を受けてしまった。私があまり中盤の展開が好みじゃないからかもしれないけど、ⅠとⅢに比べてⅡは初見殺しな展開だったと思う。

Ⅲ皇道の好きなところを雑多に書いていきます。ネタバレ注意。

  • 開幕土の味。サブタイトルが「土の味」だから通称も何も土の味なわけですけど、見返してみたらどっちかって言うと砂利の味って感じですよね。土より痛そう。敵対するふたりがなかなか一つになれない公式によるじらしプレイがたまらない。
  • ラウンズ(名前忘れた)に攻められピンチな蜃気楼の前に颯爽登場する紅蓮・聖天八極式。まず「聖天八極式」って名前もやばい。このあとのスザクとの一戦もいい。
  • ロロの最終戦。時を止めるロロの能力の描写の仕方(ルルーシュの会話が細切れになる)がめちゃくちゃ好き。あそこは一度アフレコしたものを切り貼りしているんだろうか? きっとまたオーコメで喋ってくれると思うけど。
  • これはⅡにもあったシーンだと思うけど、片腕だけ吊られるコーネリア皇女殿下。脇丸見え。私は男女とわず、脇を見せてくれる子に弱いんだ。
  • 首都・ペンドラゴンで玉座につく自称99代皇帝ルルーシュと、いきなり天井からクルクル現れるスザク。このクルクル登場も好きだけど、何より「ラウンズを超えたラウンズ、ナイトオブゼロ」の称号を与えられたときのドヤドヤドヤ顔が好き。この「ナイトオブゼロ」って称号が本当に厨ニ心を刺激して仕方ないんですけど、「ナンバーズを超越するもの」と「ゼロの騎士」のダブルミーニングがヤバイ。そりゃドヤ顔にもなってしまう。
  • VSシュナイゼルの富士山麓決戦。ここでもボタンぽちーのルルーシュもいいし(サクラダイトを使って敵味方一掃するやつ)環境データを19秒で打ち込み+0.2秒(だったっけ?)でフレイヤ弾頭にぶつけて対消滅させる二人の共同作業。
  • ダモクレス戦で、新規採用された挿入歌「螺旋のピース」が本当にエモいので昭和生まれオタクは絶対に聞いて欲しい。エンディングは今っぽいのに、こっちの挿入歌からは土の匂いがする。もちろんシャルルのギアスを打ち破ったナナリーと、ナナリーをまもるために覇道を進んできたルルーシュとの対峙、そして飛び道具は潰え、ボロボロの機体で取っ組み合いになるランスロットアルビオンと紅蓮聖天八極式のロマン。これだけでも映画館で見て良かった~!と思える、多分一番好きなシーン。


    Rayflower「螺旋のピース」試聴(『コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道』挿入歌)

  • ゼロ・レクイエムにて滑り落ちていくルルーシュを見つめるナナリーの動きがとても好き。
  • ED後の、TV放送版でも生存説と死亡説が入り乱れたC.C.のシーンはまるっと変更になっている(雰囲気は一緒だけど) これにて新作に続く、「生存説」のフラグが立ったのかなと思う。C.C.の元に届いた招待状を翻訳してくれた人がもういるのでは?私は英語わからないので無理でした…微妙に見えづらく加工してある?気がします。

予知夢のはなし

257日前に携帯の挙動がおかしくて機種変したというどうでもいいエントリを書いたのですけど

unino.hatenablog.com聞いてくださいよ、そのエントリで延々と「アイドリッシュセブンが対応してない!辛い!」という話をしてから半年以上、ようやく端末が対応したぞ!!!!

idolish7.comもう半ば諦めてましたからね。あのエントリを書いてからしばらくは、要望メールを何度か出したんですけれど(多分10回くらいは出してる…?でもあくまで「要望」として柔らかくお伝えしてますので困ったお客さんじゃないよ!)いつまで経っても「検証中の端末」にも追加されないので、次機種変するときは信念をボキボキに折り曲げてXperiaにしてやろうと思ってました。いや、別にXperiaに何があるわけでもないんだけど、メジャーな端末あんまり持つ気にならなくて…(だから非対象機種になっちゃうんだよ)

それはそうと、おととい夢を見たんですよね。夢の中で、誰かに向かって自分のスマホを見せながら「今のアイナナのイベントがさ~」みたいな話をしてたんですけど、そのスマホっていうのがアイナナインストール出来なかった現機種で、夢の中ながら「ん?インストールできるようになってるじゃん」と不思議に思ったわけです。それで目を覚まして「あんな夢見たけどまさかね~ハハハ」と諦念の中の一縷の希みを抱いてGooglePlayストアに入ったところ

f:id:unino:20180628155933p:plain

おわかりいただけるだろうか…? ちなみに↓が機種変直後のスクショ(戒めとして残してある)

f:id:unino:20180628155910p:plain

ゆ、夢じゃなかった~~~~~~~!!!!!! あまりのことに慌てながら、公式サイトで愛機が対応端末に追加されている先のページを確認して、また幸せを噛み締めた。まあそもそもアイナナくんは必要スペックを満たしていても対象端末じゃないとインストールできないのが謎だったんだけど音ゲーだからそこらへんシビアなんですかね。なんて、本当はめちゃくちゃ嬉しいLOVE!なのにツンデレっぽく皮肉を言ってしまったりするのだ。今までありがとう、HTL22くん。君はサイズもちょうどよくて、今まで使ったスマホの中で1,2を争うくらいに好きです。今ですらアイナナ専用機だったから、今後は眠ったままになるかもしれないけど、僕は君のことを忘れない。思えばいろいろあったね、プリティーリズム・レインボーライブを完走したのも君だったね。(dTVで配信していたものを、友人と見るたびにHDMI接続して見た)よくホカホカになるし、すぐに充電は切れるけど、それも今ではいい思い出です。ありがとう。そしてゆっくりおやすみなさい。……なんて言ってもらえるかと思ったら大違いや!君にはサブ機として骨になるまで働いてもらう!これからもよろしくな!~HAPPY END~

すっからかんの僕たちは、永遠に生まれなおせる

2018.2.24-25に開催された、少年ハリウッドのクリスマスライブ(正確には『第26話完全版完成披露上映イベント』)に参加してきました。全4回の公演で、私が参加したのは24日2部と、25日1部の2回。今自宅に帰ってきて、興奮したままこのエントリを書き始めてしまったので、だいぶエモい(もしくはキモい)文章になると思うのでご容赦を。あとイベレポ的なものではなく、今の私が思ってること、感じていることをとりとめなく書きます。 

泣くと思ってたけど、まさか上手く声が出なくなるほどワンワン泣いてしまうとは思わなかった。だいたい、TV放送版でもあったシャチョウからのサプライズのところで涙ぐんでしまうんですよね。最初は「まだ『少年ハリウッド』じゃないみんな可愛いな~」とか「こういう日常風景をファンに見せてくれるとかめっちゃ嬉しいな~」という気持ちでニコニコ見てるんですけど、「生まれた場所の違う者たちが 同じステージの上で何度でも生まれ直す それはすべて 君に会うためだった」ってくだりからもう涙腺崩壊ですよ。そうなんですよ、少年ハリウッドは私に出会うために生まれてきてくれたんだよ! もちろん本当はそんなことないのはわかってるんだけど、そう思える、彼らがステージの上で少年ハリウッドとして立ってくれている時間だけは、そう思ったっていいじゃないですか。そのあとの「ありがとうございました!」もめちゃくちゃ泣ける。(これ後述します)そこから続くシャチョウからの「終わることを 恐れてはいけない 誰もが、いつだって始まりにいる 少年ハリウッドの そしてみなさんの聖なる旅が 始まる Have a nice holly trip」シャチョウはポエムの天才か???????? このメッセージ、私が目にする時期によって、毎回毎回別の方向からぶっ刺さるのがすごいんですよ。TV放送時には「終わることを恐れるな」と励まされ、クラウドファンディングが始まったときには「みなさんの聖なる旅が始まる」と告げられ…そうなんですよ、この完成披露ライブをもって、また少年ハリウッドと私たちの聖なる旅が始まったんですよ! 裸一貫イチからのスタート!(資金的な意味で)なんせクラウドファンディングで集めたお金はMakuakeさんへの手数料を差しひいて、すべてこのライブにぶっこんでくれたそうなので…(Thank you!)そろそろMakuakeさんも、私たち少ハリ民を太客と思ってくれてるんじゃないかな?と思いますね。また新しいクラウドファンディングも始まるしね! 話は戻りますけど、TV放送版では「アンコール!アンコール!」という我らの声で終わったわけじゃないですか…「その声はきっと届く……」というメッセージ通り、本当に届いたんですよ! 本当に、アンコールが見られたんですよ!! 凄くないですか? 凄いよ! だって届いたんだもん!アンコールの声が届いて、少年ハリウッドにまた会えたんだもん。それなのにね、彼らは言うんですよ…アンコールありがとうって。クリスマスという大切な日に、会いに来てくれてありがとうって。みんなとこうやって喋る時間をくれてありがとうって。いやいやありがとうとかこっちが言いたいし言っても言い足りないし、なのに何度も何度も、メンバー全員言ってくれるんですよ「ありがとう」って。橋口いくよ先生も、新田将司さんも、ZEN THE HOLLYWOOD 80’sのメンバーも、みんな言ってくれる。その「ありがとう」を聞くたびに「なんでだろう?」「なんでありがとうって言ってくれるんだろう?」って思うんだけど、もしかしたらメンバーや先生たちも、私たちの「ありがとう」をそういう風に受け取ってるのかもしれないなあ…と思ったり。もうそろそろ「ありがとう」って言うだけじゃ足りない気持ちになっている。もっともっとありがとうのその先を伝えたいんだけどなあ。

そんな私に朗報!また3月からMakuakeでクラウドファンディング始まるよ!やった~~~~~!!!!!!  いや、クラファンとかその周りについてはまた別に書きたいんですけど(批判的な内容じゃないよ!)少年ハリウッドのみんなにまた出会うために、約束というか目標を作ってくれたのは本当に嬉しい。この発表がなかったら、「とりあえず少年ハリウッドは一度おやすみなんだ」って気になってたかもしれない。燃え尽き症候群みたいな。だけど、実現するかはわからないけど、次の約束が出来たので。本当に、こんなに家内制手工業みたいな作品なかなかないよ?! スポンサーもいないよ???? キンプリのときにも「キンプリお金ねぇ~」と思ったけど、少ハリなんて企業が全くついてねえ~~~~~~! いうならば同人作品みたいなもんだよ多分。でも、何年後になるかわからないけど、夢を見たっていいじゃないか。そして夢を見させてくれる橋口先生を始め、少年ハリウッドに命を与えてくれるすべての皆様、ありがとうございます。営業部長という名誉ある役職も賜ったので(保護者→ファン→営業部長*new!)頑張ろうと思いますが、何の影響力も持たない自身がにくい…

スマホが挙動不審で大変だった覚書

何もしてないのに壊れたんです!本当なんです、信じて!

 

という前置きはさておき、購入して2年経たないスマホ(HTV32)が本日、とうとう死んではないけどポンコツになってしまったので、これと言った解決方法が見つかったわけではないけど覚書。

まず最初に要件を書くけど各種アプリ(ゲームやLINE)の引き継ぎコードは絶対出しておこう。もうこれが言いたい。私はこれだけが言いたい。

 

今のスマホに機種変したのは2016年6月初旬だったのですが、その直後からDLして始め、未だにズブズブずっぷりどっぷりはまってる某アイドリッシュセブンというゲームがありまして、この1年半弱でわりと大層な額を課金しているわけです。そのデータが引き継げないと本気でヘコむハメになったと思うので…引き継ぎ方法が変更になったので2017年3月なのですが、その直後に引き継ぎコードを出して、スクショしたものをパソコンに保存しておいて本当に良かった。よくやった私。みんなも無課金で頑張ったゲームも引き継げないと破壊力有ると思うけど、お金も時間もつぎ込んだゲームが復旧できないと、本当に死ぬほど辛いと思うので、せめて課金したゲームだけは引き継ぎコードの管理をしっかりして欲しい。老婆心ながらそう思う。

心配だったのは、引き継ぎコード使った時に、そのコードを出したときの状態に巻き戻っちゃうんじゃないか?ということなんですが、結論からいうと前回プレイを終えた状態から引き継げました。なんならスタミナもちゃんと時間経過分回復していた。まあ考えてみたら当然なんですが、ググってるときに「ランクなどはコード出した時の状態になりますが」という書き込みを見つけてしまって、ハハハそんなこと有るわけない…あるわけないよね…?と疑心暗鬼になってしまいました。とんだデマを書き込むんじゃないよバカ! 

ついでにあんスタ(こっちもアイナナに沼る前はそこそこ課金していたし、今も推しのガチャ実装されたら課金している)も、上述の機種変のときに出したコードできちんと引き継げました。ありがとうバンナム。ありがとうハピエレ。

LINEは引き継ぎコードじゃないけど、電話番号を登録しておけば、電話番号の変更がない限り引き継げるようです。トークとかは消えるけど、これは通常の引き継ぎのときもたしかそうだったと思う。このLINEも、前回のスマホの機種変のときにスタンプとか消えてしまって痛い目を見たので、今のスマホに買えた時にしぶしぶ電話番号登録したんですよね。LINE社にあんまり情報を渡したくないんですけど、背に腹は変えられなかった。こういうのが後々のディストピア形成につながっていくんだろうな~こわいな~。

 

本当、原因はわからないんですが、1ヶ月前くらいから予兆はありました。何も触ってない時、またはブラウジングしてる時などにかかわらず、1日1回くらい勝手に再起動かかってたり、Wi-Fiをキャッチしずらくなったり。そして今日はまた再起動したんですが、長めの再起動がかかっておかしいなあと思っていたら、初期設定画面のようなものまで出て、だけど壁紙等は自分で設定した通りだったので初期化ではない。おかしいなあと思いながらアプリを立ち上げてみようとすると「○○が繰り返し停止しています」という表示。立ち上げようとしてないアプリまで勝手にそんなメッセージがでる。

ネットで検索かけたけど該当の症状なし。アプリの不調じゃねーんだよ、それくらいわかるんだよド素人じゃね~んだよこっちも!と、心に余裕が無いので汚い言葉を吐きつつ、キャッシュのクリアをしてみたり、怪しげなアプリを停止してみたりしたけど全くの徒労でした! 結局はアプリをアンインストール→再インストールしないといけない、というとこまでたどり着いたんですが。もう面倒だからすぐ使うアプリだけ再インストールして、明日機種変の手続きしてきます。2ヶ月前くらいからHTC U11欲しかったんだよ!

あとあがいてる時にいろいろ触っちゃったのが悪かったのかもしれませんが、電話帳のデータもぶっとんでました。幸い、1つ前の端末に残ってたので復旧できそうですが、各電話会社であるクラウド保存サービスも使用しておくべきですね。こちらもあんまり情報渡すの嫌だったので使用してなかったんですが…

そして只今、絶賛困っているのが「USB接続したスマホがPCに認識されない」問題です。なんでだよ! こちらもいろいろ調べて対処してみたけどダメっぽい。もう何から何までポンコツになっちゃったなこの子。まあUSB転送よりは手間だけど、ネットには繋がるからどうにかデータも移動できるだろうし、おいおいやっていきますわ…。

もう本当に疲れた。

でもアイドリッシュセブンのデータ復旧できてよかった~~~~!!!あとは実装されたガチャで和泉一織くんのカードが出てくれ~~~頼む~~~~~~!!!!!

 

---------------------------------

2017.10.23追記

HTV33(HTL U11)に機種変しました!容量も32G→64Gに増えてやったぜ! 事前登録してたのに非対応だったからできなかったMマスくんもさっくりインストール! よしこの調子でアイドリッシュセブンも…と思ったら、なんとアイドリッシュセブンくん非対応でした。おいおい、本当勘弁してくれ頼む…頼むよ…ガチャも出なかったし…精神的にボコボコだよ! しかも今回、auくんの「アップグレードプログラム」という制度を利用したので、前スマホは下取りに出さないといけないんですね。前の前のスマホは対応してるのでとりあえずそっちに移したんですが、もう4年位使ってるのでだいぶ心許ない。いつ死んでもおかしくない。

ということで心優しく余裕のあるかたは、どうぞ↓より端末追加希望を送って下さい。私を助けると思って…!頼みます……!

アイドリッシュセブン 対応端末追加要望受付フォーム 

https://support.bandainamco-ol.jp/pip/107016/title/idolish7a/index.html

※追加を希望する機種名に HTV33(HTC U11)とコピペして送信するだけでよいので…!