きらきらEvery(仮)

書き留めたいことを書く

アイドリッシュセブン2nd LIVE『REUNION』 は現実と溶け合った

アイドリッシュセブン2nd LIVE「REUNION」参戦してきました。1日目は現地、2日目はLVです。今回は初参戦の『ŹOOĻ』というユニットについて書きます。おそらく3万人くらい同じような文章書いてると思います。

ŹOOĻはゲーム本編の3部(現在は4部を配信中)で登場したユニットなのですが、今まで登場したのが、「いけすかないライバルだと思ったらめちゃくちゃプロ意識の高い熱いユニットだった」(TRIGGER)、「怖い先輩かと思ったらめちゃくちゃ面倒見が良い王者だった」(Re:vale)と、初期段階から好印象だったユニットだったのに対し、ŹOOĻはヒールとして登場して、他の3ユニットを窮地に陥れます。現在配信中の4部や、その幕間に発表されたŹOOĻ過去編で少しずつ、彼らの今までの挫折や苦悩が描かれ、彼らの心情にも変化の兆しが見え始めたとはいえ、彼らのしてきたことが帳消しになるわけではなく、初期印象も相まって、2ndLIVEに参戦が決まったときは否定的な反応を示される方もいました。

もちろん、ŹOOĻのファンの方もいるので、参戦に喜びと、そして不安を抱えていたんじゃないかな、と思います。

私はといえば推しユニはアイナナで、3部まではŹOOĻには良い感情を持っていなかったのですが、ライブ当日までにはすっかりと絆されてしまったタイプのオタクです。(多分私みたいなタイプが一番多いんじゃないかな…?体感ですが)フォロワーさんでŹOOĻファンの方もいたし、一方でŹOOĻのことを受け入れられない人がいるのもわかっていました。なので、ライブでは頑張って声援を送ろうと思ってたんですよね。ステージに立つキャストさんも、きっと不安だろうからと。

まあ杞憂でした。

ŹOOĻのパフォーマンスは素晴らしく、頑張ろうとか意識しなくても、自然と大きな声が出ていました。ゲーム内でŹOOĻが登場して、一気に作品内の空気を変えてトップに登っていく描写があるんですが、ゲームをプレイしてるときは「アイナナもTRIGGERもRe:valeもいるのに一気にそんなに人気が出るものなのかな?」と疑問に感じながらも、まあストーリーの展開上必要だし…と思っていたんですが、このライブで完全に理解した。こういうことだったんか…

そしてこの《理解》には既視感があったんですが、去年の1stライブ。IDOLiSHのセンター・七瀬陸くんには『訴求力』がある、と本編で分析された頃でした。人々に訴えかける力、時として時代の煽動者となる力。……と言われても、実感わかないですよね。まあセンターっていう設定だし、そんなものなのかなあ…とこちらもふんわり思っていたのですが、1stライブで七瀬陸を演じる小野賢章さんの姿を見て、こちらも完全に理解しました。小野賢章さん、おそらくパーソナルな面では七瀬陸くんとは違うタイプだと思うのですが、そこには紛れもなく、超弩級の『訴求力』を有した七瀬陸くんがいました。

ゲーム作品の追体験を、ライブでさせてくれるアイドリッシュセブンというコンテンツ、強すぎる。(追体験っていうより、もっとしっくりする言葉があるような気がするんですが、今は思いつかないのでとりあえずこのままで)ライブ終了後、去年も話題になった池袋に掲示された広告には「WHAT'S NON FICTION?」


2019 WHAT'S NON FICTION

アイドリッシュセブンは現実です。

 

今回のライブでのŹOOĻのパフォーマンスの結果は、こちらを見てもわかると思います。(ツイートはŹOOĻのボーカリストの中の人)

 もちろん、まだŹOOĻに拒否感を持っている人もいるだろうけど、今回で手のひらクルっと返したオタクも多いと思うので、そんな人たちにŹOOĻのファンはドヤ顔でいてほしいですね。あと私は、マイナスからプラスにくるっと手のひら返すオタクのこと好きです。

Penguin Go a Road 2019「なぜ決闘なのか」@福岡BEAT STATION 2019.06.01

f:id:unino:20190603100218j:plain

f:id:unino:20190603100236j:plain

初の福岡ワンマンということで、ギリギリまで迷いましたが行ってきました。友人と別の予定の話をしていて、ぽろっと「6/1のペンギンのライブ行くか迷ってんだ」と言ったら「えっ行こう!」と速攻でお返事をくれたので一般のチケットを取って、久しぶりのバンド系のライブです。最近はヲタ活ばっかりだったから…

大学時代から好きなバンドがいて、毎回ではないですけど福岡に来たときはぼちぼち参戦してるんですが、結構ゆったりめな曲というか、味わう楽曲が多いので、今回は体力が持つか心配だったんですが、楽しすぎて秒で終わったんで大丈夫でした! まあ次の日に筋肉痛(足や腕)にきたんですけど……

一人じゃ踏ん切りつかなかったと思うので、即答で同行してくれた友人に感謝!また福岡来てくれたら絶対行こうね~!と盛り上がるくらい楽しかったです。汗ぐっしょりかいたので、終わったあとのラーメンが沁みた!

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 2章

『歌舞伎町デ朝マデスッスッス見タイ!』


TVアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」PV

※このエントリはネタバレを含んでいますのでご注意下さい。

続きを読む

私たちは彼らの無慈悲な神へとなるのか

少年ハリウッドの各話タイトルが好きで、中でも19話の「神は自らの言葉で語るのか」が内容と相まってとても好きなのですが、それはおいといて、昨年(2018年12月24日)のクリスマス・イブの夜、我が地元博多で少年ハリウッドのクリスマスライブのLV(という設定にした)に参加できました。

f:id:unino:20181226152524j:plain

いつもの友人や、初見の友人と一緒に、光る棒を振りながら見るライブは本当に楽しく、ときに切なく、そしてまた次の約束をして、本当に幸せなひとときでした。少年ハリウッドの皆さん、スタッフの皆さん、ファンの皆さん、参加できなかったけど少年ハリウッドを心の片隅に住まわせてくださっているすべての皆さん、ありがとうございました。

実は私、このライブを見るのは初めてではないんですが、いえ、いつだって初めての気持ちで見たいと思っているのですが、かなしいことに初めてではないんです。だから、余計なことを考えてしまったのかもしれない。

少年ハリウッドという作品を通して描かれる「永遠」と「終わるもの」の美しさ、儚さ、輝き。それらは流れる時の中にあってこそ、きらめくのだということも、繰り返し繰り返し描写されてきたし、物理的な「永遠」を得られないのだとしても、私達が彼らを想うとき、それはいつだって「永遠」なのだということを信じさせてもくれました。

私は少年ハリウッドというグループが好きですし、作品としての少年ハリウッドも好きですし、もっといっぱいの人に知ってほしいと思っているし、彼らの活躍をもっともっと見ていたいと思っています。私以外にもそう思う人がたくさんいて、だからこそこのクリスマスライブを、福岡の地でも見られることができました。

そして、少年ハリウッドはまだまだ続いていきます。朗読劇の音声化も発表となりました。FOR 50のその先、まだ見たことがない新しい少年ハリウッドの世界が、またアニメーションという舞台で見られる日を目指しています。

それがすごく、エゴイスティックなことなのかもしれない、と、ぼんやり思っています。彼ら、新生少年ハリウッドが私たちと出会ってくれたのが2015年のこと。季節は約2巡りした世界に彼らはいるはずなんですが、今この文章を書いている私は2019年にいます。そもそも彼らの世界とは時空の歪みがあるのはわかっていたし、公式でも「時空がつながる」などの表現を用いるのですが、これから私たちと少年ハリウッドがいる世界の隔たりは少しずつ大きくなっていってしまう。それは、彼らに流れる時間の進みを停滞させ、淀ませてしまうのではないだろうか。そうも思います。

だけどやっぱり、少年ハリウッドの新しい世界が見たい。この世は愛とエゴで出来ている、と私は思っているし、そもそもアイドルというのは、私たちの望みを叶え続けるためにステージに上げられた供物なのかもしれないのです。私たちという無慈悲な神々の欲望を注がれ、永遠の舞台に楔を打たれ、彼らには輝いてもらうしかないのです。

そういう葛藤もひっくるめて、少年ハリウッドはアイドルだなあと思うし、私は私のエゴで、彼らのことをこれからも応援したいのです。

機動戦士ガンダムNT

f:id:unino:20181216222938j:plain

機動戦士ガンダムNTの舞台挨拶付き上映@ユナイテッドシネマ キャナルシティに参加しました。ガンダムNTは当初そんなに興味なくて、ふ~んと思っていたら主人公の声優さんが榎木さんと発表されておっ、と思ったところにあのがんじがらめキービジュ(ナラティブ組体操)がきたので「見に行くわ」となりました。あのキービジュは強い。

まあそんなゆるい感じで決めたんですが、私は宇宙世紀ガンダムをほとんど履修してないんですよね。全話完走してるのがターンAガンダムガンダムSEEDGのレコンギスタ、あとはSEED DESTINYとか鉄血とかWとかをちょろちょろ見てるだけで、肝心の宇宙世紀ものはオタク特有の「見たことはないけどなんかキャラは知ってる」程の知識しか持ち合わせず。まあ単品で見てもそれなりにはわかるだろうと思ったんですが、UCの直接的な続編と聞いて、じゃあUCくらいは見ておくかな、と、1日かけてUC(dアニで配信していてたRe:0096のほう)を見ました。舞台挨拶ついてなかったら、NT見てから気になったら遡るか…くらいのモチベーションだったと思うのですが、結果的に見ておいて良かった。

タイトルに「NT」と書いてるのにもかかわらず、UCとごった煮の感想になるんですが、UC・NTを見て感じたのは「ガンダムってもっとメカニカルな話だと思ってたけど宗教じゃん」ってことだったのですが、どうやらUC(ひいては続編のNT)自体が福井晴敏氏によるニュータイプ論を描いていると知り納得。福井晴敏氏は強いオタクだから、ふわっとした『ニュータイプ』という概念に、自身なりの解釈とアンサーを印したかったのかなと。わかる~…オタクが行間を読むやつですね。行間を読み、かつ破綻ない理論を自身で組み上げて、誰よりも自分自身を納得させるだ。薄い本を書いてるとよくあるやつだ。

NTは幼馴染設定が大好きなので好みでした。UCは長編ということもあり、各勢力の政治的駆け引きなども多数描写されますが、NTはもっとシンプルな作りなので、人間関係に焦点を当てて見ていれば素直に見られるかな。ミシェルが好きです。90分という短い尺で、ヨナ・ミシェル・リタの関係がきっちり描かれていてよかった。ミシェルが好きです…。あとブリックのこと好きじゃない女子なんていないでしょ多分…

ミシェルとブリックについては、お互いが何らかの秘密を共有しているのでは?という話が舞台挨拶でもありました。恋愛関係ではないけれど、確かに想い合う気持ちはあるんだろうな。ブリック視点のスピンオフとか読んでみたいですね。という話を同行した友人とした。あと、舞台挨拶の話題的には敵役のゾルタンが人気でした。いいキャラだからしょうがないですね。アイネ・クライネ・ナハトムジーク

私が好きなシーンは回想シーンで、ミシェルが自分がルオ商会へ行く、と伝えるところです。その一連のシーン、多くは語られないけど、ミシェルの2人への思いに溢れていると思うので。

しかしジオン、ネオ・ジオンとか、コロニー落としとかがよくわからんので(なんとなくはわかるけど)やっぱり他作品も見ておいたほうが良いなあと痛感しました。とりあえず劇場版で初代~ZZ+逆シャア見ておけば良いかな。でも私が好きなのはターンAガンダムなので、好みかどうかはわからない…でも逆シャアは作画がすごそうだから楽しみ。